スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - |
    簡単な制作の紹介
    0

       

      新入園のみなさま、おめでとうございます。

      幼稚園で楽しく過ごしてくださいね。

       

      今回は、新年少のお子様も

      楽しく作れる「簡単な工作」を紹介します。

       

      ☆お花紙パンダのお面☆

       

      完成

       

       

      材料

      花紙・好きな色4枚

      モール・好きな色1本

      紙皿・好きなサイズ1枚

      セロテープ

       

      材料

       

      見本では、黒い花紙を使用しています。

       

      材料は、以下のように加工しましょう。

       

       

      花紙は、

      長辺を横にしてクルクル巻き、真ん中をテープでとめます。

       

      モールは中心でねじります。

       

      準備完了!

       

      目元と耳は、

      大小のドーナツ状にしてテープで紙皿に貼ります。

       

      鼻と口は好きな形にアレンジして紙皿に貼ります。

       

      完成

       

      制作のポイントは、

      「簡単」に作れることです。

       

      花紙を使いこなして、

      行動観察の造形で素敵な作品を作りましょう☆

       

       

       

      | Nori Yamabuki | 制作の作り方 | 14:54 | - | - |
      小学校受験。合格のヒント。絵画対策に必要な「時間」を作る
      0

         

        幼稚舎のお受験絵画対策では、

        過去問の課題数の多さから、

         

        何からとりかかればよいか

        お困りの方も多いと思います。

         

        幼稚舎のお受験絵画対策は、

        実技の質量、両方を追求するので

        工夫が必要です。

         

        今回は、幼稚舎合格の

        お客様方とのお話で感じた

        「合格の共通点」を紹介します。

         

        対策の工夫=「時間」を作り出す点

        に合格のヒントがあるようです。

         

        ・・・・

        「時間」を作り出す

        ご家庭での対策例


        -------------------

         

        ・過去問内容を、10年分ほど把握しておく。

        ・図工の復習を丁寧に取り組み、手順を確認。

        ・お子様の回答を定期的にリマインド。

        ・親子で、絵の話をこまめに確認。

        ・志望校を絞る。

         

        -------------------

         

        親御様への合格インタビューから

         

        お受験の絵画対策は

        「情報の整理と確認」で

        必要な対策にフォーカスする点

         

        に合格のヒントがあると感じています。

         

         

        見方を変えて、

         

        非効率(=時間を必要とする)

        対策方法の

        問題点も考えてみます。

         

        非効率対策方法の例

        ・・・・・・・・・・・・・・

         

        ・過去問内容をあまり確認していない。

        ・図工のおさらいをしていない。

        ・親子で絵の話を合わせていない。

        ・多くの志望校を同時進行で対策している、あるいは

         志望校を決めていない

         

         

        非効率な対策方法の問題点は、

        現場で困った時に、初めて問題点が見える事。

        現場=本番だったら、、、、

         

        試験まで、1年未満であれば

        対策方法の最適化が必要かもしれません。

         

        現場で問題点を見つけながら進む学習は、

        年齢が若く基礎の初歩から学ぶ方、のように

         

        時間に余裕がある場合には、とても有効です。

         

        大事な時間を有効に使って頂きたいです。

         

         

        フワフワ柔らか素材の子供用リュック【NOHOO】
        | Nori Yamabuki | 合格 | 16:02 | - | - |
        人物の描き方。初級編・横顔
        0

          横向きの顔を描く場合、
          最初が大変だと思います。

          お子様によっては、
          顔の外の "空中" に目や口を
          描く方もいらっしゃいます。

          …━━…━━…━━…━…━…

          横向きの顔の描き方説明。

          正面と横向きの顔を撮影して
          正面と横向きを比べて説明すると、
          お子様が「納得」してくれると思います。

          色の粘土で、正面と横向きの顔を作って、
          それを見て描くのもお勧めです。

          …━━…━━…━━…━…━…

          横顔を描く前の確認ポイントです。

          1.正面と横向きの違いを見つける。

          2.正面と横向きの鼻の位置

          3.正面と横向きの目の数と位置

          4.正面と横向きの口の位置

          5.正面と横向きの耳の数と位置


          お子様方は、目・口・耳の位置が
          分かりにくいようです。

          目・口・耳の位置と見え方の説明には
          とくに時間をかけましょう。

          顔の向きが左右入れ替わると
          混乱することがあります。

          顔のパーツの見え方と位置は
          左右とも、丁寧に確かめましょう。


          お子様が、
          横向き(左右)と正面との違い
          に納得できましたら、
          描画に取りかかりましょう。


           

          | Nori Yamabuki | 人物の描き方・初級編 | 15:00 | - | - |
          人物の描き方。初級編・3-手足
          0

            お子様につかんで頂きたい
            人物画の基本です。

            1.「顔→体→手足」の描き順。
            2.「首・肩・腰の位置」をつかむ。
            3.「色塗りと形の書き方(線の引き方)」

            初級編では、
            3つの大事な基本を押さえましょう。

            ・・・・・


            前回、人物の描き方1と2で、
            「顔と体」を描きました。

            今回は、手と足を描き足して
            全身の形を仕上げましょう。

            初級編では、
            顔と体が描けることと、
            手足を描き始める位置を
            つかむのが目標です。

            …━━…━━…━━…━…━…

            手足の描き方のポイント。
            肩と腰の位置を確かめて描きます。

            腕・・左右の「肩」から腕を描きます。

            脚・・腰の下側から左右に足を描きます。

            …━━…━━…━━…━…━…

            肩と腰の位置を確かめて描けると、
            人物画での「動作表現」で役立ちます。

            「かかし型」で良いので、
            肩から腕、腰の下側から脚、
            を描き始めてみてください。

            手はグー、足には靴を
            描いておきましょう。

            描き方練習の「初級編」では、
            お子様が「首・肩・腰の位置」を
            つかめれば良いので、手足を
            棒で描いても差し支えありません。

            形の正確さや細部を気にせず、
            ハードルを上げないのがコツです。

            「全身の絵」を、お子様と
            ごいっしょに楽しく描いてみてください。

            形の正確さや細部を気にせず、
            ハードルを上げないのがコツです。


            次は、「人物動作の描画」編
            に取り組みましょう。
             

            | Nori Yamabuki | 人物の描き方・初級編 | 14:59 | - | - |
            人物の描き方。初級編・2-体( 首と肩の位置)
            0

              人の絵が描けないからヤダ・・

              そんなお悩みを時々伺いますが、
              人物を描くには、コツがあるのです。

              …━━…━━…━━…━…━…

              人物を描く3つのコツ

              1,形を丁寧に描く。

              2,色を丁寧に塗る。

              3,顔→体→手足の順に描く。

              …━━…━━…━━…━…━…


              今回は「体」の描画に進みましょう。
              ( 首と肩の位置)

               ↓

              「首」の続きから描き始めます。

              首を手で触って、鏡で見て、
              首に「上と下」があるのを
              お子様と確かめましょう。

              「首の上」→耳の下
              「首の下」→肩のとなり

               ↓

              首の下側から、右側に右肩
              首の下側から、左側に左肩

              を線で描きましょう。

                ↓

              右肩を通って〜
              体の右側を描きます。
              おへその右側でストップです。
                ↓

              左肩を通って〜
              体の左側を描きます。
              おへその左側でストップです。
                ↓

              ストップしたところ(体の左右)から
              体の中央のおへそに向かって
              線を引きましょう。

              上半身の形が描けましたら、
              服の色を塗りましょう。


              体を描くときのポイントは
              「首と肩」の位置を確かめる、です。


              人物の動きは、
              手足の形で表現しますので、
              「肩」の位置が、手(腕)を描く
              起点になります。


              ・・手足の描き方へ続きます。
               

              | Nori Yamabuki | 人物の描き方・初級編 | 14:59 | - | - |
              人物の描き方。初級編・1-顔
              0

                幼稚園で自分や家族、
                友達を描く時間。

                描き慣れているお子様は
                楽しそうにスラスラ。

                身近な人を楽しく描けたら
                お子様も親御様も嬉しい
                ですよね!

                そこで..

                「人物の描き方」コーナーでは、
                人の絵が楽しく描けるように
                段階を踏んで目指しましょう☆

                今回はその1です。

                人物で最も大事なパーツ
                から描き始めましょう。

                …━━…━━…━━…━…━…

                人物で最も大事なパーツ
                「顔」の描き順。(初級編)

                1.顔の形→顔の色。
                2.目鼻口→耳と髪の毛
                3.首

                ゆっくりと形を描く。
                丁寧に色を塗る。

                丁寧に仕事を進めるのが
                ポイントです。

                …━━…━━…━━…━…━…

                1.顔の形→顔の色。

                (1)顔の形を大きめに描きます。

                「みかん」くらいのサイズで
                顔を描くと、頭〜足までの全身が
                画用紙におさまりますが、練習では
                「顔の形を大きく丁寧に描く」
                ことをお勧めいたします。

                (2)顔の色を塗る時は、
                筆圧をやや弱めに、薄く塗る。

                顔の色を薄く塗る利点は、
                顔と同じ色で「鼻」を描ける点と
                速く塗れる点です。


                2.目鼻口→耳と髪の毛

                ♪目鼻口♪♪耳と髪の毛♪♪

                描き忘れが多いパーツなので
                これらは 、"ひとつのリズム"
                としてまとめて覚えましょう。

                鼻の形・・線でも点でも良いので
                まずは、顔の中に「鼻」がある
                ことを優先しましょう。


                「顔」の最後は、首を描き足します。

                最初はハードルを上げずに、
                お子様の好きな形で
                顔のパーツを描きましょう。

                頬にピンクを塗りたい!・・場合は、
                それも塗っちゃいましょう!



                お子様の描画中に
                「色塗りが雑、形がヘン」と感じても。。

                お子様が自分で気がついて、
                自ら修正できるようになるまで・・

                絵を描き慣れるまで・・

                目をつぶってプロセスを見守りましょう。

                親御様が喜ぶと、お子様の筆が進みます。

                ・・続きは
                人物画の描き方「体」編にて。



                この描き方は、初級編です。

                年中〜年長のお子様を対象とした
                シンプルな描画方法の紹介では、
                複雑な形や動きの表現は省きます。

                 

                | Nori Yamabuki | 人物の描き方・初級編 | 14:58 | - | - |
                顔の描き方を練習してみましょう。その3
                0

                  前回までの流れです。

                  顔の形(大きく描く。色は薄く塗る)
                  耳を描く
                  目を描く
                  鼻を描く
                  口を描く

                  ここまで練習いたしました。

                  次は、頬と髪を描きましょう。

                  頬は描かなくてもよいのですが
                  加筆すると、人間らしさが
                  強まるので、完成度が高まります。

                  頬を描く時は
                  顔と同じ色を使います。

                  頬の辺りに
                  チークを入れるように
                  グルグルと描くか
                  ササッと色を足しましょう。

                  線や形がはっきりと
                  見える必要はありません。

                  頬の辺りだけ
                  色が少し濃くなったかな、
                  というくらいでOKです。

                  次は髪を描きましょう。

                  髪は、4ブロックに
                  分けて描きます。

                  1、前髪
                  2 、頭の上部
                  3、頭の左右
                  4、耳の下(長髪の方)

                  前髪は、一本ずつ丁寧に
                  描き進めます。

                  髪の流れを考えて
                  丁寧に描きましょう。

                  線と線の間を詰めて
                  地肌を隠すように
                  線を引いてみましょう。

                  頭の上部は、頭の形を
                  クレヨンで描きます。

                  前髪と、頭の形の間は
                  髪の色を塗って、
                  地肌の色を隠すように
                  しましょう。

                  頭の左右とは、
                  目の両側の辺りです。

                  長髪のお子様の自画像では
                  耳の下の髪の毛も描き足しましょう。

                  ここまで描くと、
                  けっこう描き込んだ自画像に
                  仕上がったと思います。

                  最後に。

                  首と肩を描きたしてみてください。

                  顔だけの絵よりも、
                  存在感が加わります。

                   

                  | Nori Yamabuki | 人物の描き方・初級編 | 15:06 | - | - |
                  顔の描き方を練習してみましょう。その2
                  0

                     前回までは、

                    顔の形(大きく描く。色は薄く塗る)
                    耳を描く
                    目を描く

                    ここまで練習いたしました。

                    次は、眉毛と鼻を描きましょう。

                    眉毛は、目の形に合わせて
                    目頭から毛を一本ずつ
                    丁寧に描いてください。

                    鼻は3ステップです。

                    1、鼻筋をかきます。
                    クレヨンくらいの太さでしょうか。
                    クレヨンで、少し濃いめに鼻筋
                    を描いてみましょう。

                    2、小鼻をかきます。
                    小鼻は、鼻筋の下の方に
                    左右ひとつずつ描きます。
                    小鼻の形にも色を塗りましょう。

                    3、鼻の穴を描きます。
                    鼻の穴は、大きめか、小さめか
                    鏡をよく見て、左右の小鼻の下に
                    ササッとさりげなく加筆してみて
                    ください。

                    鼻がかけたら、
                    鼻の下にある「筋」を描きます。

                    鼻の下にある筋は、
                    上の口びるを描く時に
                    役立ちますので、
                    忘れずに描いておいて
                    くださいね。

                    いよいよ
                    口びるを描きましょう。

                    まずは、上の口びると
                    下の口びるが触れ合うところ。
                    口びるの真ん中のラインを
                    好きな色で描きましょう。

                    口の両端を線で結ぶイメージです。

                    口の両端を線で結んだら
                    上の口びるを描きます。

                    鼻の下の筋から
                    左の口の端、右の口の端とを
                    結ぶ線をそれぞれ引きましょう。

                    少し山になるように
                    線を引くと口びるらしく
                    見えると思います。

                    下の口びるは
                    少し丸くなるように
                    左右の口の端とを結ぶ線を
                    引いてみてください。

                    形が描けたら口びるの
                    色を塗りましょう。

                    口びるの仕上げに、
                    顔と同じ色を塗り重ねると
                    顔に馴染む色の口びるに
                    なります。

                    つづく

                     

                    | Nori Yamabuki | 人物の描き方・初級編 | 15:27 | - | - |
                    顔の描き方を練習してみましょう。その1
                    0

                       

                       お絵描きで
                      「描くのがたいへん」なのは
                      実は、「顔」ではないかと
                      思うのです。

                      ササッと簡単に
                      描くのであれば、

                      丸をかいて顔。
                      黒い点をふたつ描いて目。
                      鼻もおだんごをひとつ。
                      口は赤で横線を引いて・・

                      という具合に
                      簡略化して描くと
                      顔に見えますが
                      しっかり描き込みたい場合に
                      どうやって描こうかな、、と
                      困ることがあるようです。

                      今回は、顔の描き方を
                      説明して参りましょう。

                      鏡を用意しましょう。

                      鏡を見て、自分の顔を
                      よーーく眺めてみてください。

                      目の中の色。
                      まつ毛の上下。
                      まぶたの形。
                      鼻の下のすじ。
                      上下の口びる。。
                      耳の形。

                      細かく観察してみましょう。

                      それから、クレヨンを
                      手に取って描き始めます。

                      最初に、顔のカタチから。
                      大きく描いてください。

                      顔の色は、薄く塗りましょう。
                      後で、同じ色で鼻をかくためです。

                      顔の形を大きく描くことで
                      顔の中のパーツも大きく
                      描くことができます。

                      顔が描けたら
                      耳を描きます。
                      耳の穴の側まで
                      見える物は全て
                      形で描いてみてください。

                      次に、目を描きます。
                      クレヨンの白で目の形を
                      少し大きめに描きます。

                      目の上の形にあわせて
                      顔と同じ色でまぶたをかきます。

                      白目とまぶたを
                      描いた後に後に、
                      黒目を描き足します。

                      そして、上のまぶたに
                      まつ毛を描き足しましょう。

                      目の下にも
                      まつげを描き足して
                      目が完成です。

                      ・・・つづく

                       

                      | Nori Yamabuki | 人物の描き方・初級編 | 15:05 | - | - |
                      小学校受験絵画の受け答えと発表。絵のお話作り
                      0

                        慶應義塾と早稲田実業の絵画対策の
                        お問い合わせでは・・

                        「試験までに絵が描けるようになりますか?」

                        と、お悩みとご質問を同時に頂戴いたします。

                        そのお悩みとご質問への答えです。

                        「言葉の表現力」が伸びれば絵も伸びますので、
                        教室では絵画の基礎を練習して頂いて、
                        ご家庭では言葉の表現を伸ばしてください。

                        とお伝えしております。

                        慶應義塾横浜初等部の対策では
                        絵画を「制作」に置き換えて、
                        同じお話をお伝えしております。

                        ━…━━…━━…━━…━…━…

                        「行動観察」絵画の実技ポイント。

                        お子様が、絵と言葉で
                        「自分の考え」を表現する

                        ━…━━…━━…━━…━…━…

                        小学校受験の絵画の場合、
                        対策に時間がかかるのは
                        作品説明や発表などの
                        「言葉の表現」です。

                        絵だけが良くても実技ポイント
                        にはつながりにくいですが...

                        絵のテクニックが不足していても、
                        言葉の表現力が優れていれば
                        絵の実力不足を補える場合があります。

                        ご家庭では、絵を描く時間を割いて
                        言葉の表現対策に力を入れてみてください。

                        お子様が「絵に何を描きたいか」を
                        具体的に説明できるようになれば、
                        描画は短時間で上達します。

                         

                        | Nori Yamabuki | 小学校受験絵画の受け答え&発表 | 15:04 | - | - |
                        2019年、小学校ご進学おめでとうございます!
                        0

                          ・+★゜.☆゜・.・+★゜.☆

                           

                          2019年、

                          小学校ご進学おめでとうございます!


                          ・+★゜.☆゜・.・+★゜.☆

                           

                          慶應義塾幼稚舎 2名様
                          慶應義塾横浜初等部 2名様
                          早稲田実業学校初等部 2名様
                          青山学院初等部 1名様
                          暁星小学校 2名様
                          立教小学校 3名様
                          田園調布雙葉小学校 1名様
                          成蹊小学校 2名様
                          東京都市大学付属小学校 1名様
                          桐朋学園小学校 1名様
                          桐朋小学校 2名様
                          目黒星美学園小学校 1名様
                          東京農業大学稲花小学校2名様
                          聖徳学園小学校 1名様
                          聖ドミニコ学園小学校 1名様
                          明星小学校 1名様
                          晃華学園小学校 1名様
                          玉川学園小学部bles2名様
                          洗足学園小学校 1名様
                          森村学園初等部 1名様
                          さとえ学園小学校 1名様
                          西武学園文理小学校 2名様

                           

                          ・+★゜.☆゜・.・+★゜.☆
                           

                           

                          お忙しい中、お知らせくださいまして

                          誠にありがとうございます。

                           

                          合格おめでとうございます!!!

                          今後は、油絵など絵画表現にも

                          ぜひ取り組んで頂けますと幸甚です。

                           

                           

                           

                          | Nori Yamabuki | 合格 | 16:37 | - | - |
                          2017年、新入学おめでとうございます!
                          0

                             

                            2017年、新入学おめでとうございます!

                             

                            慶應義塾幼稚舎 3名様
                            慶應義塾横浜初等部 1名様

                            早稲田実業学校初等部 4名様

                            青山学院初等部 3名様
                            暁星小学校 2名様
                            成蹊小学校 6名様
                            桐朋学園小学校 6名様

                            桐朋小学校 2名様

                            学習院初等科 1名様
                            立教女学院小学校 1名様
                            目黒星美学園小学校 1名様
                            晃華学園小学校 2名様
                            国立学園小学校  4名様

                            聖ドミニコ学園小学校 1名様

                            洗足学園小学校 2名様
                            横浜雙葉小学校 1名様

                            桐光学園小学校 2名様

                            森村学園初等部 1名様

                            桐蔭学園小学部 3名様

                            カリタス小学校 1名様
                            西武学園文理小学校 3名様
                            国府台女子学院小学部 1名様

                            東京学芸大学附属世田谷小学校 1名様

                            東京学芸大学附属竹早小学校 1名様

                            筑波大学附属小学校 1名様

                            鳥取大学附属小学校 1名様

                            青南小学校

                             

                             

                            ご進学おめでとうございます!!!

                             


                            お子様方へ「良く頑張りましたね!」と

                            お祝いをお伝えしたいと思っております。

                             

                            時間がございます時に

                            ぜひ、アトリエひまわりへ

                            お立寄り頂けますと幸いです。

                             

                            ご卒園、新入学の記念に

                            油絵レッスンへもぜひお越しくださいませ。


                             

                             

                            | Nori Yamabuki | 合格 | 19:00 | - | - |
                            小学校受験の絵画。お声かけのコツ。親御様〜お子様へ
                            0


                              「何でも良いから描きましょう。」

                              →→ 何でもイイって・・何を?

                              「好きな物を描きましょう。」

                              →→ 好きな物って・・お菓子?? 

                              「自由に描きましょう」

                              →→ 自由なら色だけでイイか・・

                              「何でも良い」「好きな物」「自由」は、
                              絵が苦手なお子様にとって
                               "困る言葉"だとおもいます。

                              小学校受験の絵画では、
                              時間内に絵を描く必要があります。

                              手を動かすスイッチ
                              親御様のお声かけの「コツ」
                              について考えてみましょう。

                              ━…━━…━━…━━…━…━…

                              小学校受験の絵画の「コツ」

                              「何でも良い」「好きな物」「自由」

                              の画題で絵を描くコツ。

                                    ↓

                              1・3つの発問の答えをひとつに絞る。
                                    +
                              2・キーワードとモチーフをセットにして
                              お子様へお声かけ頂く。

                              ━…━━…━━…━━…━…━…

                              「何でも良い」「好きな物」「自由」
                              に共通するものをひとつに絞ります。

                              例えば、電車が好きなお子様でしたら、
                              特別な電車を「山手線」と決めたとして・・

                              親御様からお子様へ
                              キーワードとモチーフをセットで
                              お子様へお声かけ頂くのです。

                              ここがポイントです。
                                ↓
                              「何でも良い」「好きな物」「自由」
                              と言われたら、今日の絵は「山手線」かな?

                              模試や幼児教室で、お子様が
                              「好きな物」「自由」と聞いて
                              「山手線」を思い出せると、
                              課題に合わせて絵を描くことができます。

                              毎日アイデアが変わるお子様の場合は
                              「今日の一番」を決める習慣を
                              生活に取れ入れてみましょう。

                               

                              | Nori Yamabuki | 絵の描き方のコツ | 18:47 | - | - |
                              小学校受験絵画。ご家庭でのお絵描き練習/ステップ1
                              0


                                「何を描けば良いか思いつかない...」

                                発問を聞きながら、緊張が高まる
                                お子様がいらっしゃることと思います。

                                ━…━━…━━…━━…━…━…

                                小学校受験絵画、ご家庭での
                                おえかき練習ステップ1。

                                アイデアを絞ると、描く物が決まります。
                                情報を整理してみましょう。

                                1大事な形
                                2必要な形
                                3絵の情報。

                                ━…━━…━━…━━…━…━…

                                情報整頓の練習・3つの仕事。
                                慶應義塾幼稚舎の絵画練習
                                サンプルテーマです。

                                練習の目的は、情報整理です。

                                人物は、動きを気にせず
                                「カカシ」スタイルで
                                描いてください。

                                - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
                                用意するもの。
                                ・紙2枚。※B5サイズでOKです。

                                ・お子様が行きたい場所の資料。
                                写真や絵(絵本でもOK)など。

                                ・ハサミとのり
                                - - - - - -- - - - - - - - - - -- - - - - - - -

                                ★1・大事な形を描く。

                                1枚目の紙には、バンザイをして、
                                笑っている自分を描いてください。

                                顔と体、手足を描きましょう。
                                (今回、首や耳など細部は描き忘れてもOKです)

                                描き終えたら、描いた自分の形を
                                ハサミで切り取ってください。

                                バンザイをしている自分の紙人形ができます。
                                ゴミとハサミを片付けてください。

                                今回の練習は、情報整理が目的ですので、
                                親御様が形を切ってあげてもOKです。

                                ーー

                                ★2・必要な形を描く。

                                2枚目の紙には、写真を見て
                                「行ってみたいところ」を描いてください。

                                好きな物を自由に描き足してください。
                                色は紙の隅々まで塗ってください。
                                ーー

                                ☆3・絵の情報。

                                「行ってみたいところ」の絵に
                                「自分の紙人形」をのりで貼ります。

                                行きたい場所に行けて、
                                 "うれしくて"バンザイをしている
                                自分の絵が完成したと思います。

                                絵の話を考えて、絵の裏に
                                ひらがなで話をメモしましょう。

                                ・・絵の話の例。
                                宇宙に行って、たくさんの星を見て
                                 "うれしくて" ヤッター!!とバンザイを
                                している自分を描きました。

                                バンザイと手を広げて空を飛べたら
                                宇宙まで行きたいです。などなど。。。

                                紙芝居のように、絵のお話を家族に
                                披露して楽しみましょう!
                                 

                                | Nori Yamabuki | ご家庭で教えるお受験絵画 | 20:51 | - | - |
                                小学校受験絵画。ご家庭でのお絵描き練習・(絵の内容を決める)
                                0

                                  YES / NOクイズです。

                                  Q1小学校受験の絵画対策では
                                  絵日記をつけていますか?
                                    ↓

                                  Q2絵日記に取り組む時、
                                  絵だけでなく「言葉」も
                                  日記にそえていますか?
                                    ↓

                                  Q3日記の「文章」は、
                                  お子様が体験から何を
                                  どのように感じたか、
                                  想いが伝わる文章ですか?
                                    ↓

                                  Q4日記の「絵」は、
                                  お子様が、体験の何から
                                  発想を広げたかが分かる形
                                  が描けていますか?
                                    ↓


                                  Q5絵の形を丁寧に描く、
                                  形の隅々まで丁寧に色塗りが
                                  できていますか?
                                    ↓
                                   
                                  全てYESだった場合は、
                                  ご家庭での練習を上手に
                                  進められていると思います。

                                  NOだった部分は、
                                  ご家庭での対策ポイントに
                                  なると思います。

                                  特に大事なポイントは
                                  Q2とQ3です。

                                  ━…━━…━━…━━…━…━…

                                  小学校受験絵画。
                                  ご家庭でのお絵描き練習は
                                  ストーリー作りから始めましょう。

                                  ポイントは、
                                  親子での対話を通じて、お子様の
                                  アイデアを言語化することです。

                                  絵日記の言葉や文章を
                                  映画に例えるなら「脚本」です。

                                  お子様の豊かなストーリーに合わせて、
                                  まずは素描で軽く描いてみてください。

                                  ━…━━…━━…━━…━…━…

                                  小学校受験の絵画では、
                                  「質と量」のバランスが大切です。

                                  質=アイデアの内容を深める
                                  量=アイデアを全て描き切る

                                  ストーリー作りは、
                                  回答の「質」を決める大事な
                                  取り組みです。

                                  良いお話が出来ましたら、
                                  絵の構図や描くべき形などの
                                  描画ポイントが見えてくると
                                  思います。

                                   

                                  | Nori Yamabuki | ご家庭で教えるお受験絵画 | 00:01 | - | - |
                                  小学校受験絵画の受け答えと発表。1聞き取り。
                                  0


                                    「あなたは何を描きましたか?」
                                    「描いた絵の発表をしてください」

                                    答え方、発言の内容によって
                                    実技の印象を左右しますので
                                    丁寧に慎重に、的確に対応したい
                                    ミッションです。

                                    アトリエひまわりは、
                                    小学校受験絵画の技術指導を
                                    レッスンする教室ですが..

                                    絵画の実技試験時に、
                                    発表や受け答えがあったり、

                                    面接で、試験中に描いた絵の
                                    受け答えがある学校を御志望の方も
                                    いらっしゃいます。

                                    そのため、レッスンでは、
                                    絵にあわせて作品の説明も
                                    練習しています。

                                    絵をうまく描くだけなら楽ですが、
                                    発言で、取り組み方の「質」を
                                    見られるので、言葉の表現にも
                                    気を配って絵を描く必要があります。

                                    ━…━━…━━…━━…━…━…
                                    小学校受験絵画の受け答えと発表で
                                    必要なこと。

                                    その1・聞きとり。

                                    ⇒話を最後まで聞く力
                                    ⇒問いかけの内容を聞き取る力

                                    ━…━━…━━…━━…━…━…

                                    問いかけの意味を受け止めて、
                                    何を答えれば良いか、を判断して
                                    答え方を工夫することが、
                                    作品説明や受け答え、発表での
                                    発言力につながります。

                                    絵を描くのに、
                                    なぜ発言力が必要なのでしょうか?

                                    小学校受験の絵画は絵画審査ではなく
                                    行動観察だからです。

                                    小学校受験の絵画練習では

                                    インプット(聞き取り)→
                                      → →アウトプット(描画&発言)

                                    をセットで対策することで
                                    行動観察への備えになります。

                                     

                                    | Nori Yamabuki | 小学校受験絵画の受け答え&発表 | 20:42 | - | - |
                                    受験絵画での発想を高める。1・ビギナーコース
                                    0

                                      「何を描いたら良いか、思いつかない・・。」
                                      「一通り描いたら手が止まる・・。」

                                      受験絵画では、発問を聞いて
                                      考えた事を絵に描きます。

                                      じっくり考える時間はないし、
                                      アイデアを表現する描画力も必要・・・

                                      幼児のお子様には
                                      ハードルが高い取り組みです。

                                      ハードルを下げる対策のひとつが
                                      「発想力」を高めるアプローチです。

                                      段階を追って、取り組みましょう。

                                      …━━…━━…━━…━…━…

                                      1・ビギナーコース

                                      見たまま、思いついたことを
                                      言葉で表現してみる。

                                      発想を言語化する力を高めるメリット。

                                      発問の言葉をヒントに、
                                      短時間でアイデアを広げられます。

                                      …━━…━━…━━…━…━…

                                      練習方法の紹介です。

                                      野菜,果物,おもちゃ,日用品,写真など・・
                                      身近な物を見て、

                                      「気がついた事」「面白いと思った事」
                                      など、何でも良いので考えて、
                                      自由に発言してみましょう。

                                      お子様方の中には
                                      「気がついた事はない」「面白くない」
                                      「見たけど、普通」「わからない」

                                      と答える方もいらっしゃるでしょう。

                                      練習はご家族での対話がお勧めです。
                                      親御様やごきょうだい様の話を聞いて、
                                      悩んでいたお子様も、次第にアイデアが
                                      浮かぶようになります。

                                        ↓

                                      例えば。。

                                      「コップ」を見て発想。。

                                      ・キラキラして見える
                                      ・ジュースが飲みたくなった
                                      ・落とすと割れる
                                      ・棒でたたくときれいな音が出る
                                      ・触ると冷たい

                                        ↓
                                      アイデアを広げてみるサンプル。

                                      キラキラしてみえる
                                       →宇宙の絵

                                      ジュースが飲みたくなった
                                       →ジュースを飲む絵

                                      ・落とすと割れる
                                       →卵から何かが出て来る絵

                                      ・棒でたたくときれいな音が出る
                                       →楽器を演奏する絵

                                      ・触ると冷たい
                                       →雪遊びの絵

                                      深く考えず、勢い良くたくさんの
                                      アイデアを言語化してみましょう!

                                      貴重な実技時間での「悩む時間」
                                      を短縮できると思います。

                                       

                                      | Nori Yamabuki | 小学受験絵画での発想とは? | 22:16 | - | - |
                                      お受験絵画。ご家庭でのおえかき練習(2)「質と量」
                                      0

                                        慶應義塾幼稚舎や、早稲田実業初等部を
                                        ご志望の親御様とのQ&Aです。

                                        Q「絵画は毎日練習するのが良いのでしょうか。」

                                        A・絵は、毎日描く必要はありません。


                                        日常は、丁寧にアイデアを練る大切な時間です。
                                        絵画に落とし込む前に、丁寧にアイデアを
                                        練って頂くよう、お勧めいたしました。

                                        ━…━━…━━…━━…━…━…

                                        小学校受験絵画では、
                                        仕事の「質と量」のバランスが大切です。

                                        質=アイデアの内容を深める
                                        量=アイデアを全て描き切る

                                        ━…━━…━━…━━…━…━…

                                        実技での仕事を、本に例えると・・

                                        ・慶應義塾幼稚舎の絵画 = 目次+本文
                                        ・早稲田実業初等部の発想画 = 目次

                                        大人の気持ちを動かす個性的なアイデアや、
                                        こどもらしいユニークな視点を、
                                        紙の隅々まで丁寧に描画することが
                                        慶應義塾幼稚舎の絵画実技での目標です。

                                        「仕事の質と量」を満たす絵が描ければ、
                                        作品説明で、お子様が自分のアイデアを
                                        先生方に粘り強く伝えられると思います。

                                        早稲田実業初等部の発想画の場合、
                                        絵を描き切ることに重点を置かないで、
                                        短い実技時間に合わせて、要点をおさえて
                                        大事な形から描くと良いでしょう。

                                         

                                        | Nori Yamabuki | ご家庭で教えるお受験絵画 | 23:59 | - | - |
                                        小学校受験絵画での発想とは。1
                                        0

                                          小学校受験の絵画での
                                          「発想」って何でしょうか?

                                          小学校受験の絵画での
                                          発想力を高めるには
                                          何が必要なのでしょうか?

                                          「発想画.(想像画)」
                                          「条件画」「発展画」

                                          お子様が、課題を聞いて
                                          考えたことを描く出題です。

                                          しかし・・

                                          おとぎ話のファンタジー度が高いと
                                          回答として通用しにくいです。

                                          知っている情報を正確に描く
                                          場合でもありません。

                                          即興で思いついても、先生方に
                                          説明するたびに話が変わっては
                                          答えになりません。

                                          では、どうすればよいのでしょうか。

                                          …━━…━━…━━…━…━…

                                          小学校受験.絵画「発想」のポイント

                                          1・課題内容とルールをおさえる。
                                          2・絵画のコンセプトが必要。
                                          3・作品説明には根拠が必要。

                                          …━━…━━…━━…━…━…

                                          上記の1〜3は、
                                          「回答として通用する実技」の条件です。

                                          お子様が課題内容とルールをおさえていて、
                                          さらに「なぜその発想に至ったか」の
                                          プロセスを説明できれば、絵画に
                                          描くべき形と構図が見えてきます。

                                          1〜3の条件を満たした絵画は
                                          回答として通用する可能性が高まる、
                                          と考えられます。

                                          3ポイントは、小学校受験.絵画の
                                          大事な要素ですので、これから
                                          1つずつ記載したいと思います。


                                          小学校受験の絵画は、
                                          ペーパーと違って正解が無いので、
                                          お子様の得意な切り口で
                                          課題を楽しみたいですね!


                                           

                                          | Nori Yamabuki | 小学受験絵画での発想とは? | 00:01 | - | - |
                                          お受験絵画。ご家庭でのおえかき練習(1)「質と量」
                                          0


                                            良くあるご相談.Q&Aです。

                                            Q/ペーパーの合間に、
                                            受験の絵画を練習したい。。。

                                            Q/どうすれば、
                                            お受験の絵画を
                                            家で教えられるかしら・・?

                                            A.
                                            「何を、どう描けば良いか」-質
                                            「どのくらい描ければ良いか」-量

                                            アイデアを「質」
                                            絵画の仕事量を「量」

                                            に置き換えてみてください。


                                            「質と量」のバランスを、
                                            ご志望校の出題傾向や校風に合わせると、
                                            ご家庭でお子様に教えることが
                                            イメージ出来ると思います。

                                            ━…━━…━━…━━…━…━…

                                            ご家庭で、親御様がお子様に
                                            絵を教える際のポイント

                                            「質と量」のバランスを意識する

                                            ━…━━…━━…━━…━…━…

                                            親御様がご家庭でお子様に
                                            絵を教えて頂く際は、
                                            「ご志望校の絵画出題の質と量」
                                            をイメージするのがポイントです。

                                            「質」と「量」は
                                            実技内容(回答)に直結する
                                            大事な要素です。

                                             

                                            | Nori Yamabuki | ご家庭で教えるお受験絵画 | 11:08 | - | - |
                                            「人物画」を描き慣れよう1
                                            0


                                              小学校に入ってからも、
                                              自分や友達を描く機会があります>


                                              受験絵画を通じて習得なさって頂くと
                                              御入学後にも役立つと思います。

                                              ポイントをおさえて取り組めば
                                              2〜3枚の練習で、苦手を忘れて
                                              「普通」に描けるようになります。

                                              今回は、人物画へのアプローチを
                                              ざっくりとまとめます。

                                              ‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥

                                              人物画は「体のつくりと動き」
                                              を考えて、形を丁寧に描く。

                                              ‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥

                                              人物画の基本は「自分を描く」
                                              ことです。

                                              人物画の描き方練習では、
                                              「自分」の「体のつくりと動き」
                                              を考えるところから始めます。

                                              ◎腕は、体のどこから出ているか
                                              ◎足は、体のどこから出ているか

                                              ◎首と肩の関係
                                              ◎腰と足の関係

                                              ◎歩く時の体の動かし方
                                              ◎走る時の体の動かし方

                                              ◎肘と膝の形

                                              体の各部分の動きを
                                              丁寧に確かめて、
                                              ゆっくりと絵を
                                              描き進めます。

                                              今後、続きの記事で
                                              絵を構成するのに必要な
                                              基本の動作の描き方を
                                              まとめたいと思います。

                                              | Nori Yamabuki | 人物の描き方・初級編 | 20:59 | - | - |
                                              「人物画」を描き慣れよう2
                                              0

                                                小学校に入ってからも
                                                自分や友達を描く機会がある「人物画」

                                                 

                                                人物画は、描き慣れてしまえば、
                                                「強み」になります。

                                                動物のように、
                                                多種多様な形態ではないので
                                                自分なりの描き方イメージが
                                                つかめるとアレンジできるからです。

                                                動物を描く場合は、
                                                形・動き・サイズ・骨格など
                                                の違いを考えて描く必要が
                                                あります。

                                                人物の絵では、
                                                「自分」を基準にして
                                                自分との違いを想像して
                                                形や動きを工夫すれば
                                                よいことが分かると
                                                簡単に描けるようになります。


                                                人物を描く時・・

                                                前回までの発想の練習で言うと
                                                4・あえて条件を設定する、
                                                上級コースの取り組みです。

                                                条件=自分を描く

                                                条件を設定すると
                                                「選択肢」が少なくなるので、
                                                描く時の迷いが少なくなります。



                                                今回は「自分」を描きます!!

                                                描き始めは、
                                                細かい形を気にしないで、
                                                全身を大きく描くことに
                                                集中してください!

                                                顔 → 顔の形+目鼻口


                                                顔が描けたら →首

                                                首の下に →体

                                                体の下に →両足

                                                体の「肩」だと
                                                思う場所から「手」
                                                を左右に描きましょう。

                                                全体の形が大きく
                                                描けたと思います。

                                                後でゆっくりと、
                                                耳や髪の毛、服を描き足して
                                                仕上げてみてください。


                                                人物画のポイントは、
                                                「細かい事を気にしない」です。

                                                耳を描き忘れた、とか
                                                指を描き忘れたとか!

                                                木を見て森を見ず、では
                                                絵は先に進めません。

                                                「人」

                                                と分かる形を
                                                お子様がひとりで描ける事を
                                                喜んであげてください。

                                                その喜びから、
                                                人物画の練習を始めましょう。

                                                ・・・つづく。

                                                 

                                                | Nori Yamabuki | 人物の描き方・初級編 | 15:41 | - | - |
                                                お絵描きのコツ。(1)小学校受験絵画の基礎とは?
                                                0

                                                  お受験のお絵描きに、
                                                  コツってあるのでしょうか。

                                                  小学校受験絵画の基礎とは
                                                  何でしょうか?

                                                  絵画が上手、と言われる事が多い
                                                  お子様の共通点をまとめてみましょう。
                                                  (小学校受験の場合)

                                                  ▶1.クレヨンを正しく持っている
                                                  ▶2.筆圧をコントロール出来る
                                                  ▶3.ゆっくり線を引く
                                                  ▶4.形の隅々まで色を塗る
                                                  ▶5.姿勢を崩さずに描く

                                                  これらの5点は、
                                                  「巧緻性」の基礎です。

                                                  絵画の実技に集中する条件、
                                                  と考えて頂いても良いでしょう。
                                                  
                                                  ‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥

                                                  小学校受験絵画
                                                  絵の描き方の基礎&コツ

                                                  集中して丁寧に取り組む習慣
                                                   
                                                  ‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥

                                                  お子様に「お絵描きのコツ」を
                                                  つかんで欲しいと思うときは、
                                                  まず1〜3を丁寧に見直して
                                                  頂くのがおすすめです。

                                                  お子様が、クレヨンを正しく持ち、
                                                  筆圧をコントロールしながら
                                                  ゆっくり線が引けると、
                                                  お子様がお絵描きのコツを
                                                  つかみやすくなります。

                                                  ▶一度に1〜5を練習しないで
                                                  ▶▶まず1〜3から、少しずつ
                                                  ▶▶▶段階を踏みましょう。

                                                  4と5は、形の描き方練習の時に
                                                  合わせて取り組めますので、
                                                  基礎に時間をかけて
                                                  あせらず取り組みましょう。




                                                   
                                                  | Nori Yamabuki | 絵の描き方のコツ | 09:00 | - | - |
                                                  2016年、新入学おめでとうございます!
                                                  0

                                                    小学校受験絵画アトリエひまわり
                                                    webサイトのリニューアルに合わせて
                                                    ブログも、リニューアルいたします。

                                                    リニューアル後の「初」記事は
                                                    会員様の新入学のお祝いです。

                                                    とても素晴らしく
                                                    嬉しいニュースです☆
                                                     

                                                    :・'゜☆.:*:・'゜♪.

                                                    2016年、新入学
                                                    おめでとうございます!!

                                                    慶應義塾幼稚舎1名様
                                                    慶應義塾横浜初等部2名様
                                                    早稲田実業学校初等部3名様
                                                    青山学院初等部1名様
                                                    東京女学館小学校1名様
                                                    立教小学校1名様
                                                    立教女学院小学校1名様
                                                    桐朋学園小学校5名様
                                                    成蹊小学校1名様
                                                    聖心女子学院初等科1名様
                                                    東洋英和女学院小学部1名様
                                                    日本女子大学附属豊明小学校2名様
                                                    光塩女子学院初等科2名様
                                                    昭和女子大学附属昭和小学校2名様 
                                                    東京都市大学付属小学校2名様
                                                    国立学園小学校 2名様
                                                    聖徳学園小学校1名様
                                                    洗足学園小学校3名様
                                                    横浜雙葉小学校1名様
                                                    捜真小学校1名様
                                                    湘南学園小学校1名様
                                                    カリタス小学校 2名様
                                                    西武学園文理小学校1名様
                                                    さとえ学園小学校1名様

                                                    桜の季節の御入学式が
                                                    待ち遠しいですね!

                                                    皆様に合格のお祝いを
                                                    お伝えさせて頂けました事を
                                                    大変光栄に存じます。

                                                    ご入学後は、ぜひ
                                                    油絵に取り組んで
                                                    頂きたいです。

                                                    油絵へのお越しを
                                                    心よりお待ちしております!!


                                                    ・・複数校に合格されて
                                                    ご進学先をご検討中の
                                                    会員様は上記に記載して
                                                    おりません。

                                                    ご進学先がお決まりに
                                                    なりましたら、お知らせ
                                                    を頂けますと幸いです。

                                                    
                                                    ……・・・………・・・…

                                                     

                                                    | Nori Yamabuki | 合格 | 09:00 | - | - |
                                                    人物の描き方。その5
                                                    0

                                                      人物の描き方を少しずつ
                                                      練習しています。

                                                      これまでの練習です。

                                                      「細かい事を気にしない」
                                                      ・・・全身をザックリ描いてみる。

                                                      「体のつくり」と「動き」を描く。
                                                      ・・・顔→体→手足の順に
                                                       形を描き進めてみる。

                                                      「躍動感」を表現する。
                                                      ・・・とりあえず棒人間で良いので
                                                       手足に動きをつけて描く。

                                                      この3点が描けるように
                                                      なったと思います。


                                                      今回は、「人物の体の各部分」を
                                                      丁寧に描く練習にトライです。

                                                      一番大事な事は、
                                                      お子様の気持ちが乗ってくるよう
                                                      練習を進めることです。

                                                      コツは、お子様が「できる」と
                                                      思うものから始めることです。

                                                      順序的には、
                                                      顔から練習したいところですが、
                                                      ハードルが高いと続かないのです。

                                                      お子様とのおえかき連勝では
                                                      「すぐ出来る事」「簡単なこと」を
                                                      丁寧に取り組み、褒めて次につなげましょう。



                                                      体のパーツを描く練習で
                                                      最も取り組みやすいのは

                                                      「手」です。

                                                      直接見られるパーツで、
                                                      自分で自由に形を変えられるので
                                                      お子様の興味を引きやすいからです。

                                                      手の形を使って「遊び」から
                                                      スタートしましょう。

                                                      左手を紙にのせて、
                                                      右手で鉛筆を持ちます。

                                                      左手の形に合わせて
                                                      鉛筆を持つ手を動かして
                                                      左手の形を紙に書きましょう。

                                                      輪郭を縁取りし終えたら、
                                                      手を外して、書いた形を眺めましょう。

                                                      これで、満足してくれるお子様も
                                                      多いと思います。

                                                      年少以下のお子様は、
                                                      手の形を使って、色を塗る等
                                                      自由に仕上げましょう。


                                                      年中以上のお子様は、
                                                      描き込みができる年頃ですので
                                                      ここから、さらに仕事を足します。

                                                      自分の左手を「良く見て」、
                                                      紙に書いた左手に、爪やシワを
                                                      描き足しましょう。

                                                      他に、見つけた事があれば
                                                      全てを描き足します。

                                                      「手」だと思う色を塗って
                                                      仕上げても良いでしょう。

                                                      手の甲が描けたら、
                                                      手のひらの絵にも
                                                      トライしてみましょう!

                                                      「良く見て」描くのは
                                                      観察の練習も兼ねています。

                                                      良く見て・見つける。

                                                      見つけた事を描くことで
                                                      絵の内容が豊かになります。

                                                      大人のアイデアをはさまずに
                                                      お子様の発見を尊重して
                                                      取り組んでみてください。

                                                      両手が描けたら、
                                                      形をハサミで切り取りましょう。

                                                      切った形を使って
                                                      好きな絵に仕上げたり。

                                                      部屋に並べて遊びを考えたり。

                                                      手の絵が出来たら、
                                                      足の絵も描いてみましょう!

                                                      自分で描いた絵、作ったもので
                                                      遊ぶ事も、お子様の発想力を
                                                      育む大事な時間です。


                                                      ・・小学生以下のお子様向きの
                                                      おすすめ練習の紹介ですので、
                                                      複雑な形や動きは描きません。


                                                      次回は、
                                                      「さようなら棒人間」
                                                      腕や脚の描き方練習です。


                                                      ・・・つづく。

                                                       

                                                      | Nori Yamabuki | - | 16:45 | - | - |