スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - |
    人物の描き方。初級編・横顔その1
    0
      横向きの顔を描く場合、
      最初が大変だと思います。

      お子様によっては、
      顔の外の "空中" に目や口を
      描く方もいらっしゃいます。

      …━━…━━…━━…━…━…

      横向きの顔の描き方説明。

      正面と横向きの顔を撮影して
      正面と横向きを比べて説明すると、
      お子様が「納得」してくれると思います。

      色の粘土で、正面と横向きの顔を作って、
      それを見て描くのもお勧めです。

      …━━…━━…━━…━…━…

      横顔を描く前の確認ポイントです。

      1.正面と横向きの違いを見つける。

      2.正面と横向きの鼻の位置

      3.正面と横向きの目の数と位置

      4.正面と横向きの口の位置

      5.正面と横向きの耳の数と位置


      お子様方は、目・口・耳の位置が
      分かりにくいようです。

      目・口・耳の位置と見え方の説明には
      とくに時間をかけましょう。

      顔の向きが左右入れ替わると
      混乱することがあります。

      顔のパーツの見え方と位置は
      左右とも、丁寧に確かめましょう。


      お子様が、
      横向き(左右)と正面との違い
      に納得できましたら、
      描画に取りかかりましょう。
      (横顔その2へ)


      アートアンドエデュケーション
      小学校受験絵画アトリエひまわり
      http://www.chibicco-art-project.com/



       
      | Nori Yamabuki | 人物の描き方・初級編 | 22:29 | - | - |
      人物の描き方。初級編・3-手足
      0
        お子様につかんで頂きたい
        人物画の基本です。

        1.「顔→体→手足」の描き順。
        2.「首・肩・腰の位置」をつかむ。
        3.「色塗りと形の書き方(線の引き方)」

        初級編では、
        3つの大事な基本を押さえましょう。

        ・・・・・


        前回、人物の描き方1と2で、
        「顔と体」を描きました。

        今回は、手と足を描き足して
        全身の形を仕上げましょう。

        初級編では、
        顔と体が描けることと、
        手足を描き始める位置を
        つかむのが目標です。

        …━━…━━…━━…━…━…

        手足の描き方のポイント。
        肩と腰の位置を確かめて描きます。

        腕・・左右の「肩」から腕を描きます。

        脚・・腰の下側から左右に足を描きます。

        …━━…━━…━━…━…━…

        肩と腰の位置を確かめて描けると、
        人物画での「動作表現」で役立ちます。

        「かかし型」で良いので、
        肩から腕、腰の下側から脚、
        を描き始めてみてください。

        手はグー、足には靴を
        描いておきましょう。

        描き方練習の「初級編」では、
        お子様が「首・肩・腰の位置」を
        つかめれば良いので、手足を
        棒で描いても差し支えありません。

        形の正確さや細部を気にせず、
        ハードルを上げないのがコツです。

        「全身の絵」を、お子様と
        ごいっしょに楽しく描いてみてください。

        形の正確さや細部を気にせず、
        ハードルを上げないのがコツです。


        次は、「人物動作の描画」編
        に取り組みましょう。


        アートアンドエデュケーション
        小学校受験絵画アトリエひまわり

        http://www.chibicco-art-project.com/




         
        | Nori Yamabuki | 人物の描き方・初級編 | 13:02 | - | - |
        人物の描き方。初級編・2-体( 首と肩の位置)
        0
          人の絵が描けないからヤダ・・

          そんなお悩みを時々伺いますが、
          人物を描くには、コツがあるのです。

          …━━…━━…━━…━…━…

          人物を描く3つのコツ

          1,形を丁寧に描く。

          2,色を丁寧に塗る。

          3,顔→体→手足の順に描く。

          …━━…━━…━━…━…━…


          今回は「体」の描画に進みましょう。
          ( 首と肩の位置)

           ↓

          「首」の続きから描き始めます。

          首を手で触って、鏡で見て、
          首に「上と下」があるのを
          お子様と確かめましょう。

          「首の上」→耳の下
          「首の下」→肩のとなり

           ↓

          首の下側から、右側に右肩
          首の下側から、左側に左肩

          を線で描きましょう。

            ↓

          右肩を通って〜
          体の右側を描きます。
          おへその右側でストップです。
            ↓

          左肩を通って〜
          体の左側を描きます。
          おへその左側でストップです。
            ↓

          ストップしたところ(体の左右)から
          体の中央のおへそに向かって
          線を引きましょう。

          上半身の形が描けましたら、
          服の色を塗りましょう。


          体を描くときのポイントは
          「首と肩」の位置を確かめる、です。


          人物の動きは、
          手足の形で表現しますので、
          「肩」の位置が、手(腕)を描く
          起点になります。


          ・・手足の描き方へ続きます。


          アートアンドエデュケーション
          小学校受験絵画アトリエひまわり
          http://www.chibicco-art-project.com/
          | Nori Yamabuki | 人物の描き方・初級編 | 21:14 | - | - |
          人物の描き方。初級編・1-顔
          0
            幼稚園で自分や家族、
            友達を描く時間。

            描き慣れているお子様は
            楽しそうにスラスラ。

            身近な人を楽しく描けたら
            お子様も親御様も嬉しい
            ですよね!

            そこで..

            「人物の描き方」コーナーでは、
            人の絵が楽しく描けるように
            段階を踏んで目指しましょう☆

            今回はその1です。

            人物で最も大事なパーツ
            から描き始めましょう。

            …━━…━━…━━…━…━…

            人物で最も大事なパーツ
            「顔」の描き順。(初級編)

            1.顔の形→顔の色。
            2.目鼻口→耳と髪の毛
            3.首

            ゆっくりと形を描く。
            丁寧に色を塗る。

            丁寧に仕事を進めるのが
            ポイントです。

            …━━…━━…━━…━…━…

            1.顔の形→顔の色。

            (1)顔の形を大きめに描きます。

            「みかん」くらいのサイズで
            顔を描くと、頭〜足までの全身が
            画用紙におさまりますが、練習では
            「顔の形を大きく丁寧に描く」
            ことをお勧めいたします。

            (2)顔の色を塗る時は、
            筆圧をやや弱めに、薄く塗る。

            顔の色を薄く塗る利点は、
            顔と同じ色で「鼻」を描ける点と
            速く塗れる点です。


            2.目鼻口→耳と髪の毛

            ♪目鼻口♪♪耳と髪の毛♪♪

            描き忘れが多いパーツなので
            これらは 、"ひとつのリズム"
            としてまとめて覚えましょう。

            鼻の形・・線でも点でも良いので
            まずは、顔の中に「鼻」がある
            ことを優先しましょう。


            「顔」の最後は、首を描き足します。

            最初はハードルを上げずに、
            お子様の好きな形で
            顔のパーツを描きましょう。

            頬にピンクを塗りたい!・・場合は、
            それも塗っちゃいましょう!



            お子様の描画中に
            「色塗りが雑、形がヘン」と感じても。。

            お子様が自分で気がついて、
            自ら修正できるようになるまで・・

            絵を描き慣れるまで・・

            目をつぶってプロセスを見守りましょう。

            親御様が喜ぶと、お子様の筆が進みます。

            ・・続きは
            人物画の描き方「体」編にて。



            この描き方は、初級編です。

            年中〜年長のお子様を対象とした
            シンプルな描画方法の紹介では、
            複雑な形や動きの表現は省きます。


            アートアンドエデュケーション
            小学校受験絵画アトリエひまわり
            http://www.chibicco-art-project.com/


             
            | Nori Yamabuki | 人物の描き方・初級編 | 00:01 | - | - |
            「人物画が苦手」なお子様の絵画練習。
            0

              「人物画がイヤ」

              小学校受験・絵画レッスンへの
              お問い合わせで多いのが
              「人物画が苦手」な
              お子様の絵画対策です。

              小学校に入ってからも、
              自分や友達を描く機会がありますので、
              受験絵画を通じて習得なさって頂くと
              御入学後にも役立つと思います。

              「人物画が苦手」になる原因は
              描画の経験不足なのですが、
              無意味にたくさん描くだけの練習では、
              苦手がさらに嫌へと深まってしまいます。

              ポイントをおさえて取り組めば
              2〜3枚の練習で、苦手を忘れて
              「普通」に描けるようになります。

              今回は、人物画へのアプローチを
              ざっくりとまとめます。

              ‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥

              人物画は「体のつくりと動き」
              を考えて、形を丁寧に描く。

              ‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥

              人物画の基本は「自分を描く」
              ことです。

              人物画の描き方練習では、
              「自分」の「体のつくりと動き」
              を考えるところから始めます。

              ◎腕は、体のどこから出ているか
              ◎足は、体のどこから出ているか

              ◎首と肩の関係
              ◎腰と足の関係

              ◎歩く時の体の動かし方
              ◎走る時の体の動かし方

              ◎肘と膝の形

              体の各部分の動きを
              丁寧に確かめて、
              ゆっくりと絵を
              描き進めます。

              今後、続きの記事で
              絵を構成するのに必要な
              基本の動作の描き方を
              まとめたいと思います。
              | Nori Yamabuki | 人物の描き方・初級編 | 20:59 | - | - |