google-site-verification=pLwgWqD90u82B8tfS1ovS6dZqjw8m-tWzL6l9ugtEBc

小学校受験の絵画での
「発想」って何でしょうか?

小学校受験の絵画での
発想力を高めるには
何が必要なのでしょうか?

「発想画.(想像画)」
「条件画」「発展画」

お子様が、課題を聞いて
考えたことを描く出題です。

しかし・・

おとぎ話のファンタジー度が高いと
回答として通用しにくいです。

知っている情報を正確に描く
場合でもありません。

即興で思いついても、先生方に
説明するたびに話が変わっては
答えになりません。

では、どうすればよいのでしょうか。

…━━…━━…━━…━…━…

小学校受験.絵画「発想」のポイント

1・課題内容とルールをおさえる。
2・絵画のコンセプトが必要。
3・作品説明には根拠が必要。

…━━…━━…━━…━…━…

上記の1〜3は、
「回答として通用する実技」の条件です。

お子様が課題内容とルールをおさえていて、
さらに「なぜその発想に至ったか」の
プロセスを説明できれば、絵画に
描くべき形と構図が見えてきます。

1〜3の条件を満たした絵画は
回答として通用する可能性が高まる、
と考えられます。

3ポイントは、小学校受験.絵画の
大事な要素ですので、これから
1つずつ記載したいと思います。


小学校受験の絵画は、
ペーパーと違って正解が無いので、
お子様の得意な切り口で
課題を楽しみたいですね!


 

  • -
  • 00:01
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


PR

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM