人物の描き方。初級編・3-手足
0

    お子様につかんで頂きたい
    人物画の基本です。

    1.「顔→体→手足」の描き順。
    2.「首・肩・腰の位置」をつかむ。
    3.「色塗りと形の書き方(線の引き方)」

    初級編では、
    3つの大事な基本を押さえましょう。

    ・・・・・


    前回、人物の描き方1と2で、
    「顔と体」を描きました。

    今回は、手と足を描き足して
    全身の形を仕上げましょう。

    初級編では、
    顔と体が描けることと、
    手足を描き始める位置を
    つかむのが目標です。

    …━━…━━…━━…━…━…

    手足の描き方のポイント。
    肩と腰の位置を確かめて描きます。

    腕・・左右の「肩」から腕を描きます。

    脚・・腰の下側から左右に足を描きます。

    …━━…━━…━━…━…━…

    肩と腰の位置を確かめて描けると、
    人物画での「動作表現」で役立ちます。

    「かかし型」で良いので、
    肩から腕、腰の下側から脚、
    を描き始めてみてください。

    手はグー、足には靴を
    描いておきましょう。

    描き方練習の「初級編」では、
    お子様が「首・肩・腰の位置」を
    つかめれば良いので、手足を
    棒で描いても差し支えありません。

    形の正確さや細部を気にせず、
    ハードルを上げないのがコツです。

    「全身の絵」を、お子様と
    ごいっしょに楽しく描いてみてください。

    形の正確さや細部を気にせず、
    ハードルを上げないのがコツです。


    次は、「人物動作の描画」編
    に取り組みましょう。
     

    | Nori Yamabuki | 人物の描き方・初級編 | 14:59 | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 14:59 | - | - |