慶應義塾幼稚舎や、早稲田実業初等部を
ご志望の親御様とのQ&Aです。

Q「絵画は毎日練習するのが良いのでしょうか。」

A・絵は、毎日描く必要はありません。


日常は、丁寧にアイデアを練る大切な時間です。
絵画に落とし込む前に、丁寧にアイデアを
練って頂くよう、お勧めいたしました。

━…━━…━━…━━…━…━…

小学校受験絵画では、
仕事の「質と量」のバランスが大切です。

質=アイデアの内容を深める
量=アイデアを全て描き切る

━…━━…━━…━━…━…━…

実技での仕事を、本に例えると・・

・慶應義塾幼稚舎の絵画 = 目次+本文
・早稲田実業初等部の発想画 = 目次

大人の気持ちを動かす個性的なアイデアや、
こどもらしいユニークな視点を、
紙の隅々まで丁寧に描画することが
慶應義塾幼稚舎の絵画実技での目標です。

「仕事の質と量」を満たす絵が描ければ、
作品説明で、お子様が自分のアイデアを
先生方に粘り強く伝えられると思います。

早稲田実業初等部の発想画の場合、
絵を描き切ることに重点を置かないで、
短い実技時間に合わせて、要点をおさえて
大事な形から描くと良いでしょう。

 

  • -
  • 23:59
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク