「あなたは何を描きましたか?」
「描いた絵の発表をしてください」

答え方、発言の内容によって
実技の印象を左右しますので
丁寧に慎重に、的確に対応したい
ミッションです。

アトリエひまわりは、
小学校受験絵画の技術指導を
レッスンする教室ですが..

絵画の実技試験時に、
発表や受け答えがあったり、

面接で、試験中に描いた絵の
受け答えがある学校を御志望の方も
いらっしゃいます。

そのため、レッスンでは、
絵にあわせて作品の説明も
練習しています。

絵をうまく描くだけなら楽ですが、
発言で、取り組み方の「質」を
見られるので、言葉の表現にも
気を配って絵を描く必要があります。

━…━━…━━…━━…━…━…
小学校受験絵画の受け答えと発表で
必要なこと。

その1・聞きとり。

⇒話を最後まで聞く力
⇒問いかけの内容を聞き取る力

━…━━…━━…━━…━…━…

問いかけの意味を受け止めて、
何を答えれば良いか、を判断して
答え方を工夫することが、
作品説明や受け答え、発表での
発言力につながります。

絵を描くのに、
なぜ発言力が必要なのでしょうか?

小学校受験の絵画は絵画審査ではなく
行動観察だからです。

小学校受験の絵画練習では

インプット(聞き取り)→
  → →アウトプット(描画&発言)

をセットで対策することで
行動観察への備えになります。

 

  • -
  • 20:42
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


PR

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM