「何でも良いから描きましょう。」

→→ 何でもイイって・・何を?

「好きな物を描きましょう。」

→→ 好きな物って・・お菓子?? 

「自由に描きましょう」

→→ 自由なら色だけでイイか・・

「何でも良い」「好きな物」「自由」は、
絵が苦手なお子様にとって
 "困る言葉"だとおもいます。

小学校受験の絵画では、
時間内に絵を描く必要があります。

手を動かすスイッチ
親御様のお声かけの「コツ」
について考えてみましょう。

━…━━…━━…━━…━…━…

小学校受験の絵画の「コツ」

「何でも良い」「好きな物」「自由」

の画題で絵を描くコツ。

      ↓

1・3つの発問の答えをひとつに絞る。
      +
2・キーワードとモチーフをセットにして
お子様へお声かけ頂く。

━…━━…━━…━━…━…━…

「何でも良い」「好きな物」「自由」
に共通するものをひとつに絞ります。

例えば、電車が好きなお子様でしたら、
特別な電車を「山手線」と決めたとして・・

親御様からお子様へ
キーワードとモチーフをセットで
お子様へお声かけ頂くのです。

ここがポイントです。
  ↓
「何でも良い」「好きな物」「自由」
と言われたら、今日の絵は「山手線」かな?

模試や幼児教室で、お子様が
「好きな物」「自由」と聞いて
「山手線」を思い出せると、
課題に合わせて絵を描くことができます。

毎日アイデアが変わるお子様の場合は
「今日の一番」を決める習慣を
生活に取れ入れてみましょう。

 

  • -
  • 18:47
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク